2018/04/18

Dock Lunch


Main Streetからちょっと中に入ったところに、Dock Lunchと言う知る人ぞ知る(←大袈裟な)幻のカフェレストランがあります。


この辺りで昔からある古い家を改装した感じ。


このお店を見かけたのは去年の夏くらいなのですが、その日はたまたま全然混んでなくて、どんなものを置いてるのかメニューだけ見せてもらおうとお店の中に入ったんです。

メニューは日替わりで2種類で、デザートも1種類しかない感じでした。

レストランと言うにはとても小さいけど、カフェと言ってもコーヒーだけ買う感じではないので、なんて言えばいいのかな。

その日は既に別のところでブランチを食べた後だったので、また別の機会に来ようと思っていたら。。。

もう、何度来ても入れなくて!

ある時は誕生日パーティか何かで貸し切りだったり・・・
ある時は営業時間中だったけど、もうすべて売り切れたので店じまいしたとか・・・
ある時は定休日じゃないけど、臨時休業だったりとか・・・
ある時は満席で、たぶん営業時間が終わるまで席が空かないから・・と言われたりとか。。

変なところで気が短いKは「That's it! もう来ることはないね!」と言い放っていたのですが、去年の初冬くらいの時に、もう一度トライしたら、13:00くらいだったのに、案の定その日も「もう今日のランチは全部売り切れました」と言われてKに「ほらな!」と言われつつスゴスゴと帰ろうとしたら、

後でお店の人が出てきて、「2人分くらいならメニューは選べないけど(と言っても通常でも2種類しかないけどね。笑)、それでもいいならどうぞ」と言ってくれました。



でも、私たちが入った後からも何組もやってきて、「売り切れです」って断られていましたよ。

何気にとても人気のお店のようです。


さて、この日のメニューの1つのブランチです。
Chimichurriソースのかかった目玉焼きと、ベーコンとサラダにコーンブレッドがついていました。
文字にすると、そんなに新鮮味がなくて「ふーん・・・」って感じかもしれませんが、良質の食材が丁寧に作られている感じでとても美味しかったです。



卵料理が嫌いなKの卵と私のベーコンをトレードしました。

ここのランチメニューやブランチメニューは毎日変わり、Facebookでメニューが知らされます。

そして「Secret Supper」と言って不定期的にディナーもやるみたいです。
でも、メニューはアペタイザー、デザートそれぞれ1種類づつ、メインは2種類のみですが。

それでも、とても人気あるみたいで、FBでフォローしてなおかつ頻繁にチェックしてないとまず食べられないでしょうね。

ほんと、幻のレストランなのです。

こんなに好き勝手にやっているのに、ファンがちゃんと根付いているっていうのも凄いですね!


お手洗いはベースメントにあるのですが、本当に昔の家のバスルームそのものって感じなのですよ。


食べ終わった後、ウェイターさんが「お料理はどうでしたか?」って聞きに来た時に、あんなにぶつくさ言ってたKが、「いやー、もう今まで4-5回チャレンジしたんだけど、いつも入れなくてねぇ。でも諦めないで良かったです」とか言い出して。(←オイオイ)

そしたら、その定員さんも北米人にありがちな頭を抱えた大袈裟なジェスチャーで「オーマイガー!なんてこった!」みたいなこと言ってて、その2人のやり取りがなんだか芝居じみてて笑えました。


また行ってみたいなぁと思いつつ、朝が遅い私たちにはハードルが高いレストランです。(笑)





2018/04/16

春になりました


日本では今年は桜の開花が例年よりもかなり早かったそうですが、バンクーバーでは逆に例年よりも遅い桜の開花でした。


そろそろ満開かな?という頃になると最近は雨ばかり降っていて、あっという間に散ってしまいそうな感じ。。。


ということで、桜が咲いているのを見るとついつい写真を撮ってしまいます。


うちから程近いQueen Elizabeth Parkの桜もそろそろピークかな。


沢山の親子たちが家族写真を撮ってらっしゃいましたよ。


桜以外のお花も咲き始めて、ヒヤシンスのとてもいい香りが公園中に充満していました。




あぁ~、やっと春が来たのかな。


この日はウェディングフォトの撮影があって、この可愛いワンちゃんもおめかししてましたよ!


私がこの冬、Kと休みが合えば毎週のように行ってたシーモアマウンテンのスノーシューも先週行ったらもう雪がシャーベットのようになっていたので、そろそろ終わりかな。


これは先月の終わりくらいだったと思うのですが。
丁度新雪が降った後だったけど、強風でとても寒かった日です。


表面がカリカリになりつつ、、


また強風のために雪の砂漠のような模様をつけていました。


なんだか神秘的。


こんな景色ももうしばらく見られなくなるのはちょっと寂しいなぁ。





2018/03/07

Snowshoeing @ Joffre Lakes National Pak


快晴に晴れた先週末にペンバートンの先にあるJoffre Lakes National Parkにスノーシューイングに行ってきました。


Joffre Lakesはバンクーバーからだと車で3時間程なので、頑張れば日帰りで行けないこともないけど、私たちは前日にペンバートンで1泊しましたよ。


ここは駐車場から歩いて5分くらいのところにある最初の湖です。


ちなみに、これは夏の湖です。
凍った湖の上をずんずん横切ってショートカットできました。


夏と違ってこんなにいいお天気でもあんまり人がいなくて、自分のペースで歩けるし、とっても気持ちよかった~。


結構スキーで登っている人多かったですよ!
半分くらいがそうだったんじゃないかな?


夏はこんな風になっているところも。。。


すっぽり雪で覆われて岩のデコボコもなくなってます。


雪はさらさらでフカフカ。
バンクーバー近郊の山の雪よりも歩きやすいです。


2つ目の湖に到着!
雪の反射で凄くまぶしくて目が開けられないくらいでした。


パノラマ撮影で撮ってみる。


3つ目の湖に向かう途中にある滝は意外にも凍ってなかったですよ。
雪が音を吸収してとても静かな中、水の流れる音が響いていました。


3つ目の湖に到着!
氷河の上にも雪が積もっていて、まるで別世界!

更にびっくりしたのが、数人のスキーで登ってきた人たちはさらに氷河の上にも登っていました(驚)
頂上からスキーで降りるのも気持ちいいだろうけど、かなりの急斜面だし、アバランチに踏み込んじゃって雪崩とか起きそうだし怖いなぁ。


小さくなっちゃったけど、こちらもパノラマで。

この日もここでキャンプするというツワモノも居ましたよ~。
まぁ、この日は風もなかったし、ちゃんとした冬用のキャンピングギアを持っていれば、満月に近いくらいのお月さまだったし雪で明るくて意外と快適なのかもしれません。


犬っぽくない何かの足跡。。。
熊は冬眠していると思うけども。。。キツネとか?



私たちもエマージェンシーブランケット(アルミでできてて、自分の体温を反射して温かくなるというやつ)を敷いて、スナックを食べました。

こんな絶景を見ながら温かいスープやコーヒーが飲めたら最高なのにな。。
次回は魔法瓶に入れてこようっと。


スナックを食べてるとすかさずウィスキージャックがやってきました。


しかも、順番待ちまでしてます(笑)


夏に見るよりもぽっちゃりしてますね。
人間と一緒で冬場は脂肪を蓄えてるのかな?


モスがある木にも新芽が出てきて、春が近づいてきているのかなと思いました。(←希望的観測)

お天気がいい日にこんな絶景のところに来ると、暗いしジメジメしててバンクーバーの冬は鬱陶しいとかいつも文句を言っているのに、「こんなに美しいところに住めて幸せ!」とか思ったり、家に帰ってからNetflixで「エヴェレスト」ていう映画を観たり(笑)、まったくもって現金な私です。



2018/02/28

村上隆 - Octopus Eats Its Own Leg


平昌オリンピックの競技を観るのに忙しく、ブログをさぼっておりましたら、もうあっという間に3月なんですね。

アスリート達の熱い戦いは、暗くて寒い憂鬱なバンクーバーでの毎日を楽しませてくれました。

あぁ、でもこれから春っぽくなってくる5月頃までどうやって耐えようかな。


さて、先月はこちらのお花で有名な村上隆の個展に行ってまいりました。


村上隆と言えば、このお花とかカイカイキキとか、一番最初の写真のネズミっぽいキャラクターのMr. DOBとかが有名ですよね。


こういう画風もまさに初期の村上氏のもの。


さて、エントランスに入ってすぐにこういうインパクトのある蛸のオブジェと大きなどくろと蛸の絵画のパネルが展示されています。


正にテーマである「蛸が己の足を食べる」という感じですね。


そうかと思うと日本の浮世絵っぽい作品も沢山ありました。


これらの村上隆の五百羅漢図展は、彼のポップアートと江戸時代の浮世絵風が融合した画像が不思議とマッチしていて、素人ながらにアートも進化していっているんだなぁと感心しました。


これらはとても大きな作品で、日本中の美大のスタッフ達のべ200人以上もの方たちと協力して出来上がった大作なのだそう。


私が行った日は、日本人やアジア系の方たちよりも、白人の方たちのほうが多かったような感じでした。

これらの作品のメイキングビデオがあったのですが、皆さんそれを食い入るように見てらして、日本人としてちょっと誇らしかったです。(←偉そうに・・・)

こちらのアートギャラリーのお土産屋さんでは、お花やMr.DOBなどのちょっとした小物が売っているので、展示会に行かない方も無料で入れるお店だけのぞいてみてもいいかもしれません。