2018/02/12

Dine Out Vancouver - Robba Da Matti



Dine Out Vancouver 第5弾は(笑)、イエールタウンにある家庭的なイタリアン、Robba Da Mattiへ。

たまたまお友達とご飯を食べることになり、友達がイタリアンが食べたいって言っていたのですが、直前だったこともあり、有名どころは何処もいい時間が取れなかったので、普段でもそんなに高くないカジュアルだけど、割と好評のこちらへ決めました。

ここは前はYaletown L'Antipastoというイタリアンで、その時にもこのお友達と一緒に行ったんだけど、内装とかはほとんど変わっておらず、小さな店内は満席でした。

カメラ持っていくの忘れて携帯の荒い画像なので、美味しくなさそうに見えるかもしれませんが。。。


 AAAビーフのカルパッチョ。
柔らかいお肉でとっても間違いのない美味しさ。


メインはロブスターと蟹のラビオリ。
ソースがちょっと少ない気がしましたが、(ラビオリにちゃんと絡んでない感じ)味は美味しかったですよ。


私のデザートのティラミス


お友達のパンナコッタ。

まぁ、ここはカジュアルなレストランなので、デザートを頼まなければ普段でもこれくらいの値段で食べれるし、凄いお得!というわけではないのですが、でもDOVのメニューが普段いつも私が選ぶであろう内容だったし、ただでデザートが食べれてラッキーてな感じでした。

あぁ、年末で食べ過ぎてダイエット!とか言ってたのに。。。

で、、、でも、女性は中年になったら痩せてるとギスギスして意地悪そうに見える(by ゲイ友)って言うしね!

いづれにしても、健康で美味しいものを美味しく味わえるというのはありがたい事です。




2018/02/05

Dine Out Vancouver - The Trump Champagne Lounge


Dine Out Vancouver 第4弾は、ゲイ友たちと Trump InternationalにあるChampagne Loungeへ。

想像していたとおりゴールドが主流のアーバンテイストなインテリア。


こちらは、予約のリマインダーでも言われていましたが、レストランではなく、ラウンジなので、ラウンジソファーにコーヒーテーブルで食事することになります。

結構苦情があったのか、前日のリマインダーの時に、「テーブルが低いので居心地悪いかもしれません」ってはっきり言われましたよ(笑)


私の前菜、Grilled Octopus, Crushed fingering potato.
トーストしたピスタチオが散りばめられていました。

蛸はとても柔らかく、スモーキーなお味で私は気に入りましたよ。


ゲイ友のAlbacore Tuna Aburi Style
野菜のピクルスが添えてあり、Burrata cheeseのソースがかかっています。

ツナをちょっと味見させてもらいましたが、こちらもまずまず。


インスタ映えしそうな、ゲイ友のSlow Cooked Lamb.
オレンジ色のはかぼちゃのピュレです。

とっても柔らかくて、フォークで触ったとたんにホロリと骨から外れました。


私のメインのリンコッド(またか!)
これ、運ばれてきたときに「これは、絶対美味しいに決まってる!」と思ったんですよね。

お魚の調理はばっちりでしたが、白豆の部分に味が全然なくて、私のだけたまたまそうだったのかな?と思い、ウェイトレスさんに「ちょっと味がしないのですが・・・」って伝えようかと迷いましたが、とりあえず塩コショウを持ってきてもらって、味付けをしたらちょっとマシになりました。
Smoked Pancettaも入っていたようなのですが、全く存在を感じられず。。。

たまたまだったのかなぁ??

後で、こちらで働いている知人に聞くと「私の友達も先週来て、優しい味だったって言ってた」と言ってたので、もともと薄味だったのでしょう。


デザートのアップルクランブル。
こちらはしっかりとした味で、北米ならではの素朴かつ安心できる美味しさでした。

ちっちゃいキャストアイロンの器も可愛い♡


と、ここで知人がわざわざ会いに来てくださって(私が事前に「DOVに行くので会えたらいいなぁ」と言っていたのですが)、しかも、アフタヌーンティで出されているデザートを持ってきてくださいました!!

全てが芸術のように美しく、バラの花はローズウォーターで味付けをしたチョコレートなんですけど、本物かと見間違うほど。

ピンクのハートのものはチョコレートムースなのですが、その上にある小さなピンクはラズベリーソースで、それをタラリとかけるなり、インジェクションするなりとちょっとした遊び心も楽しいですね。


食事の後でロビーを散策。
こちらはレジデンスがメインなのか、ホテルのロビーっぽくなかったですよ。

やはり、いたるところでゴールド!てな感じでしたが(笑)


こちらのホテル、ちょっとスノッブなイメージがあって、何となく来づらい雰囲気があったのですが、この機会に中の様子がうかがえてよかったです。




2018/02/03

Dine Out Vancouver - Boulevard Kitchen


Dine Out Vancouver 第3弾は、会社の同僚と一緒にSutton Hotel内にあるBoulevard Kitchenへ。

こちらは、ブランチバッフェとかハッピーアワーで結構人気のレストランです。

ディナーで来たのは初めてかも?


さすがホテルのレストランとあって、ゆったりした感じです。

こちらのレストラン、わりと今までノーマークだったのですが、結構直前で予約が取れるところがあまりなくって、その中からいくつか選んだところ、同僚のチョイスにて。


こちらのブレッドですが、小さいコーンブレッドマフィンが私のお気に入り♪


前菜は3人とも一緒にMarinated Musselsを。

緑のものはFennel風味のパンナコッタです。
目にも美しく、ムール貝もプリプリしてて、薄くスライスしたリンゴやレモンビネガーのドレッシングとも相性が良く、すっごく美味しかったです。


メインは、同僚2人は肉食なので、Grilled Marinated Bavetteを。
お魚のチョイスはまたリンコッドだったので、お肉にしようかな、と思ったのですが、事前にリビューを見てみたら、結構マリネートし過ぎでしょっぱかったというのがいくつかあったので、私はリンコッドに。

でも、味見させてもらいましたが、リビュー通りちょっと味が濃いというかしょっぱい感じだったので、少量だったらいいけど、一皿全部はちょっと後から喉乾きそうな感じでした。

同僚は気に入ってましたけどね。


てなわけで、私はまたもや鱈です!
こちらは鱈の調理具合もちょうどよく、ゆっくり調理したリーク、パプリカやオニオン、チョリソーなどのスープがとても美味しくて、最後まで楽しめました!


同僚の1人のお肉を間違えて持ってきたパスタ。
「お肉を頼んだのですが・・・」と言ったら、「申し訳ございません。すぐにお肉をお持ちしますが、こちらのパスタはどうぞ皆さんでお食べください」と言われたので、思いがけず3種類のお料理を味見できました。

こちらのパスタにはリコッタチーズが入っていて、グリルしたカリフラワーやピュレ状にしたカリフラワーとで美味しかったですよ。


デザートは私はブラックフォレストケーキ。
これまた目にも美しく、味も美味しくて、大満足でした!
欲を言うなら、3口くらいのサイズだったので、もっと大きければ良かったかな(笑)


同僚のは、ラズベリーとホワイトチョコレートのムースとかだったかな?
味見させてもらいましたが、甘酸っぱくて美味しかったです。

こちらのレストラン、思いがけずすべてが美味しくて、今までのなかで一番良かったかも??というくらいでした。

これは$40でお得だったな~と思うお料理でした。


住宅街では、まだクリスマスの名残が。。。
てか、もうこの時で1月末でしたけどね!

こういうのを気にしないのも、バンクーバーのいいところです(笑)



2018/01/27

Dine Out Vancouver - Ancora


Dine Out Vancouver 第2弾はKと一緒に Japanese と Peruvianのフュージョンで割と評価の高い Ancora に行ってきました。

こちらは、色んなアワードを受賞している人気のレストランで、私が今回予約したDOVの中では一番早くいい時間が取れなくなってしまったレストランというのもあり、とても期待していました。


私たちの予約は20:15とちょっと遅め。
それより早い時間は全部埋まってたので。。

でも、予約なしのウォークインの人たちもカウンターで同じお料理が食べれるみたいでしたよ。

私たちは窓際の席を用意されたのですが、夏の日が長い時期だったらさぞや素敵な景色が楽しめただろうなぁ。


ノンアルコールのカクテルと別オーダーでパンの盛り合わせを頼みました。

こちらのパンは、コーンブレッドと、チーズ風味のものと、ライブレッドぽい感じだけどもちもちしたパンとの3種類。

ドリンクも爽やかで、パンもとても美味しかったです。


さて、前菜ですが、私のAlbacore Tuna Taviche
まぁ、ざっくり言えばツナのたたきかな。(笑)
ソースがクリーミーながらもちょっぴりピリ辛でした。


Kはかぼちゃのスープ。


メインはチョイスの中からピンとくるものがなくて、またしてもLingcod(鱈)です。

でも、火の通り具合は前回行ったWESTのほうが良かったかも。
ミディアムレアって感じですが、ちょっと中はレアっぽいところもあったので。

まぁ、お魚なので気にしませんが。

それよりも、何よりも!!
付け合わせで奥に見えるゴマがついているもの、これは「sesame crusted rice cake」なのですが、私はゴマのついたお餅なのかな?と思っていたら、変哲もない白ご飯を四角く固めたものにゴマがついていただけだったんですよ。。。

そのご飯も、Peruvianなんだから、雑穀米にするとか、もうちょっとひねりが欲しかったですよね!
しかも、ご飯もパサパサで、ゴマもゴマ塩だったらまだしもなんの変哲もないゴマで、しかもほのかに甘くて、最悪でした~。
そして、ブロッコリーもゆでただけのものをポイっと置いただけってかんじで。。。

でた! ダインアウト用の手抜き料理!!
付け合わせってわき役ながらも重要な役割をしているんだわって再認識しました。


それに反してKさんの頼んだBraised Beef Short Ribは美味しかったそうですよ。
あんまりBraised Beefの気分じゃなかったので、今回は迷わず鱈にしたのに、またミスチョイスだったのかしら。。。


デザートは同じものを。
南米フルーツのソルベとかスモークドバニラムースとかで、あまり甘くなくてよかったです。


寒々しい冬のイングリッシュベイ。
ううーん、期待値が高かっただけに、ちょっと残念なお食事内容でした。

リベンジが必要ですな!




2018/01/25

Dine Out Vancouver - West Restaurant


クリスマスも終わり、雨で憂鬱な時期になってまいりました。
そんな憂鬱でイベントのない今の時期の唯一のイベント、3コースミールをお得に楽しめる Dine Out Vancouver が始まりましたよ。

レストランによってはお値段なりの手抜き料理だったり、テーブルを詰めれるだけ詰めて落ち着かなかったりもするのですが、そうは言ってもやっぱり毎年いくつか試してしまいます。

今回はいつもガールズランチに定期的に行くお友達と、老舗の大御所(?)であるWESTに行ってまいりました。

ここは昔 結構気に入ってて、お誕生日などに行ったり、以前にもダインアウトで行ったりしていたのですが、次々にオープンする話題のレストランを試したりしてすっかり存在を忘れていました。

お友達といろいろお店のメニューを見つつ、オーセンティックなレストランが好みのお友達の意見を取り入れてこちらにお邪魔しました。


私の前菜のLightly Smoked Coho Salmon
lightlyと言っているだけあって、かすかにスモークを感じるくらい。
シトラス風味のCreme Fraicheと一緒に。


お友達のRoasted Squash
こちらもお上品なサイズですね。(笑)


メインはさんざん迷ってRoasted Ling Codに。

最初はステーキにしようと思っていたのだけど、確かこのお店はお魚の火の通し方が抜群だった事を思い出し、またウェイトレスさんもどちらかというとお魚押しっぽかったので。


別のお友達はステーキに。

何度も「美味しい~」と言っていたので、ちょっぴりステーキにすればよかったかな・・・と後悔したけど、でもお魚も美味しかったので良しとしましょう。


デザートはBrown Butter Hazelnut Gateau
温かい焼き菓子です。
甘すぎずヘーゼルナッツの風味豊かなデザートでした。


お友達はチョコレートトルテ。
一口いただきましたが、こちらもなかなか。

久しぶりの訪問でしたが、前回ダインアウトで来た時よりも美味しく感じました。

楽しい会話と美味しいお食事。
憂鬱なお天気も気にならない程に幸せな気分になりました。

今回は色んな人と行くことになり、なんと4つのレストランのお料理を試しますので、こうご期待!




2018/01/17

Lupo


これも去年の12月の話ですが、Kのお誕生日にダウンタウンにある家庭的な雰囲気のレストラン、LUPOに行きました。


こじんまりとした外観です。


一軒家のような雰囲気で、どなたかのホームパーティにお邪魔したような気分になりますね。


本来はポーチだったところを改装してちょっとした小部屋みたいになっているところもあります。


まず最初はカルパッチョで。
文句なしに美味しかったです。


グリーンピースとチキンのフィットチーネ
パスタはバンクーバーでは数少ないアルデンテ(笑)


メインのうずらのグリル。
これがとーっても美味しかったです!
ニョッキも下にあって、結構なボリュームでした。


結構お腹いっぱいになったので、デザートはシェアしたところ、かわいらしくお誕生日のろうそくを立ててくれましたよ。

美味しくて、料金も比較的リーズナブルなので、とても人気があるのですが、たまたまクリスマス時期でグループ客が何組かいたからか、サービスがとても遅くて、お料理とお料理の間や、お勘定などすごい時間が掛かっていたのが残念。ちょうど風邪をひいていたKはじっと待ってるのが辛そうでした。

バンクーバーのレストラン業界で話題の店もシェフが変わって味が落ちたり、土地代が高くてやっていけなかったりとでお店の入れ替わりが激しいのですが、こちらはコンスタントに高い評価でいつも人気があるお店です。

また行きたいな。



2018/01/11

今更ですが、Gingerbread Lane


もう1月も半ばにかかろうとしているこの時期に、敢えて先月の中頃に見た、Hyatt Regency恒例のGingerbread Laneのことを書いちゃいます。

丁度、一昨年の会社のクリスマスパーティで当たったHyatt Regencyの宿泊券が年末で切れちゃうということで、Kの誕生日のお祝いもかねて、12月半ばの週末に利用することが出来たので。


プロもアマチュアも参加するこのGingerbread house達、これを見るとクリスマス 気分が盛り上がりますね。


こういう細かい所を見るのも楽しいです。


これは、アパートっぽくて典型的なお菓子の家っていうのとはちょっと違うけど、可愛いですよね。


毎度ながら、職人技に感心します。


すごい時間がかかりそう。



このステンドグラスとかもすごい凝ってますよね!


このへんは学生さんたちの作品かしら?
でも、ほのぼのとしていい感じ。



家ではツリーも飾りつけもしない無精者なので、毎年外でこういうクリスマス気分を楽しんでます。(笑)


さて、肝心のお部屋ですが、当たったお部屋は眺望があるデラックスルームとのことだったのですが、この日は雨でなにも見えず。。。

晴れていれば、コールハーバーとノースショアの山が見えたはずなんですけどね。

家から15分くらいのホテルなので、わざわざ泊まることもないかな、なんて思ってたのですが、夜遅くまでベッドのヘッドボードにもたれてお菓子を食べながら映画とか見るのが、非日常的で楽しかったです。
うちの寝室にはテレビ置いてないのでね(笑)


また、朝食付きのプランだったので、朝ご飯のバッフェも楽しみましたよ。


オムレツを作ってもらったり


ちょこちょこっといろんなものを食べました。
食べなかったけど、白ご飯とかお味噌汁とか野菜炒めとか中華っぽいのもありましたね。


でも、この内容で$36とかだったかな?高いよね~!
今回は朝食付きだったからいいけど、自腹だったらほかのレストランとかのブランチに行ってたわ。

最初はわざわざ家の近所に泊まりに行くのは面倒くさいなぁなんて思っていたのですが、(←贅沢なことをいうんじゃない!)なかなか楽しいステイケーションでした。